進化したiPhoneの機種や機能を知って賢く選ぼう

iPhoneの歴史

iPhoneの歴史は平成19年までさかのぼります。最初に発表されたのはこの年の1月のことでした。本体前面に付いているのはホームボタンのみで、残りのほどんどの面積はディスプレイが占めているデザイン、タッチパネルでの操作に、今では当たり前になっていますが当時はびっくりした方も多いのではないでしょうか。また、そのほかの特徴として、本体の向きに合わせて画面の縦横が変わり、通話をするときにはタッチスクリーンが無効になり、環境に合わせて画面の明るさが勝手に調節されるというものがあります。

なお、一番目に出たiPhoneは国内で発売されていません、3Gネットワークに対応したものが発売されたのが国内では最初のiPhoneです。このiPhoneの発売にともない、開発者がiPhone向けのアプリを好きなようにつくり、売ることが可能な環境が整備されました。ただこの3Gネットワーク対応のiPhoneには画面の内側にゴミが入ってしまったり、外部機器とつなぐための接続端子の角に亀裂が生じたりという欠点も抱えていたりしました。

その後、iPhoneはさまざまなモデルが発売され、進化を遂げてきました。当サイトでは、iPhoneの新しいモデルがリリースされるたびにどのような進化を遂げてきたのかを解説させていただくとともに、機種を選択する際のポイントもまとめています。iPhoneの特徴をある程度知った上で乗りかえたいといったことをお考えの方は、ぜひ当サイトの情報をチェックしてみてください。